斑入りヤマボウシ【七変化】2018年9月の様子 | 神多野園芸

2018/09/20 13:03



2018年9月19日、斑入りヤマボウシ ’七変化’(Cornus kousa 'Shichihenge')に綺麗な白色の掃込み斑が差しております。

去年は斑が満足に入りませんでしたが、今年は綺麗に斑が入り安心しました。

2017年の斑入りヤマボウシ"七変化"について


改めて見ると、やはりその美しさに目が奪われます。

夏に伸びた新芽は白色を基調に、桃色を帯びたり、緑色と白色とが複雑な模様を織りなしたり、葉の一枚一枚が独自の絵の様であります。しかしながら、全体を俯瞰すると、冠雪した植木の様でもあり、先端に白花を盛大に咲かせた花木の様でもあります。





今年の夏は例年にない酷暑でしたので、葉焼けを心配しておりました。

少し茶色く葉焼けしている箇所も見受けられますが、気になるほどではないと思います。




このまま美しい斑を保ってくれれば、秋には徐々に濃桃色に紅葉して楽しませてくれるはずです。

去年鑑賞出来なかった分、存分に楽しみたいと思います。



※関連記事

斑入りヤマボウシ"七変化":白色掃込み斑と濃桃色の斑入り紅葉が時節に合わせて移ろう、まさに【七変化】

新芽はまるで白い花!斑入りヤマボウシ【七変化】※追記あり

斑入りヤマボウシ【七変化】の紅葉の始まり

斑入りヤマボウシ【七変化】の蕾と、斑の入り始め

2017年の斑入りヤマボウシ"七変化"について