2016/11/20 14:38

サザンカ(山茶花)
ツバキ科ツバキ属 
学名:Camellia sasanqua
樹高:庭では3m~5mぐらいが多いが、10m~15mになる場合もある。
樹形:立性。
葉色:濃緑色。新芽は赤色。常緑広葉樹。
剪定・刈込:3月から4月が適期。花芽形成が7月頃から始まるので、それまでに。
                 成長旺盛で徒長枝が出やすいので、剪定して枝振りを良くする。
病気:強い。稀にモチ病、花腐れ菌核菌。被害が著しい場合は銅水和剤を散布。予防に散布しても良い。
害虫:強い。チャドクガ等の毛虫。アブラムシ、カイガラムシ等。通風と採光を促して予防。
日照:日向を好む。耐陰性がある為半日陰でも育つが、日差しが足りないと花付きが悪くなる。
成長:旺盛。椿より良く伸長する。
耐寒性:やや強い。露地植えでは東北南部が北限。
耐暑性:強い。
施肥:2月頃と8月から9月頃に緩効性肥料。
開花期:11月から12月頃。
植栽用途:庭木、花木、鉢植え、盆栽、シンボルツリー、仕立物、生垣等。


※更新途中



※関連記事

花の少ない初冬の庭を彩る、サザンカの開花