イヌツゲ "スカイペンシル(ホウキイヌツゲ)":箒を逆さに立てたような、ほっそりとした樹形のイヌツゲ | 神多野園芸

2018/05/08 14:18


学名:Ilex crenata ‘Sky Pencil’
樹高:3~5m ※樹高は環境や仕立て方等にも依る。
樹形:細長く密な柱状形。
葉色:濃緑色。
剪定・刈込:3月から10月。6月から7月の梅雨明け前までが最適。
病気:強い。
害虫:強い。稀にハマキムシがつく。他にカイガラムシとその糞が誘発するスス病など。
日照:日向を好むが、耐陰性が強い。
成長:原種のイヌツゲより遅い。ポットだと年に約10cm程度成長。
耐寒性:強い。北海道南部以南。
耐暑性:強い。
施肥:1月の寒肥。若木には6月から7月頃にも施肥すると良い。緩効性肥料等。


【育て方の備考】


・風通しの良い日向が向く。耐陰性があり、半日陰でも生育するが、害虫の予防の為にも日向が好ましい。


・株が枯れるほどではないが、暖地ではハマキムシが発生する事がある。葉を重ねて食害しているので、見つけ次第、葉ごと毟り取って捕殺する。被害が著しい場合は、スミチオン等のMEP乳剤等を散布する。風通しの良い日向で健康に育てると、カイガラムシ等も含めて被害に遭い辛くなる。


・乾燥はあまり好まない(弱いというほどではない)。日向を好むが、夏の強い西日が当たり辛いとより良い。鉢植えでは、夏にそのような場所で育てたり、水切れに注意する。



【概要】

モチノキ科モチノキ属のイヌツゲの園芸品種。自然と枝が上に伸び、葉張りが出ない。

別名のホウキイヌツゲの名の如く、箒を逆さに立てたような樹形(ファスティギアータ)になる。
濃緑色の箒や柱のような樹姿は独特の魅力がある。
原種に比べて成長が遅い。
その樹形から生垣に向くが、庭木としても面白い。
和洋問わず使い易いと思う。

イヌツゲは塩害や煙害に強い為、都市部や海岸地帯にも向く。